電子 ピアノ 運送

電子ピアノの運送を簡単に格安にする方法

電子 ピアノ 運送

電子 ピアノ 運ぶ

電子 ピアノ 送る

電子 ピアノ 運搬

 

 

昔も今もピアノは女の子の習い事、人気ナンバー1です。

 

女の子の習い事人気ランキング
 @ピアノ
 Aスイミング
 B英会話
 Cダンス
 D書道

 

電子ピアノは高価な楽器なので、運送してくれる業者は限られます。

 

ピアノの運送といえば、宅配業者・ピアノ専門業者・引越し業者などが思い浮かびます。

 

ピアノ専門運送業者は、電子ピアノ運送費が小型で8000円〜14000円、大型のもので14000円〜30000円ほどかかります。

 

 

さらにエレベーターがない場合や、廊下が狭くて運べない場合はクレーン使用の場合は、追加料金がかかります。
結局いくらかかるのかはわかりにくいんです。

 

そこでオススメなのが、引越し業者一括見積もりです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

一括見積もりが出来る業者の中に、ピアノの運送を扱う業者がいくつかあります。
1度の情報入力で、複数の業者からまとめて見積もりを取ることができます。

 

 

実際にいくらかかるのか、はっきり知りたいと思いませんか?
あなたの電子ピアノの運送費の相場はもちろん、最安値の業者を探すのも簡単です。

 

通路が狭い場合、エレベーターが小さい場合、トラックを近くに停める場所がないなど、ピアノの運送費は人それぞれ違います。
いくらで運んでくれるのか知りたいなら、実際に見積もりを取ったほうが早くて確実です。

 

ぜひ一括見積もりをご活用ください。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し業者と繁忙期の費用

 

繁忙期引越し

 

引越し業者には繁忙期と通常期があります。

 

繁忙期は1年のうちで最も引越し業者が忙しい時期なので、電子ピアノだけを配送したい場合も費用が通常期よりも高くなります。

 

なぜ繁忙期ができるのでしょうか?

 

それは繁忙期、つまり3月前後は新大学生が4月の入学に備えて引越しをする時期なのです。
ほかにも新社会人になるために地方から上京してくる人、春の人事異動で転勤となったサラリーマンファミリーと、とにかく3月は引越しする人が多いのです。

 

もしできるならこの時期の引越しは避けた方が無難です。
仕事をしてくれる引越し業者を探すのも大変ですし、費用も高いので、できれば他の月にしたほうがいいと思います。

 

どうしても繁忙期に引越しするのであれば荷物の送り先の住所がわかったらすぐに、一括見積もりをしましょう。

 

まだ大丈夫・・・と契約を先延ばししていると、希望日に予約がいっぱいになってしまうことも。

 

そんな時期ですから早めに動いてくださいね。

 

 

小さい子がいる時の引越し

 

子供と引越し

 

小さいお子さんがいると引越しの作業はなかなかはかどらないものです。
通常の引越しの倍は時間がかかると思って、早めに準備をしましょう。

 

とりあえずよく使うものだけを最後にして、それ以外のものはどんどん梱包してください。
食器は1つ1つ新聞紙や緩衝剤にくるむなど手間がかかりますので、お子さんが幼稚園やに行っている間やお昼寝の間など邪魔をされない時間に終わらせるといいでしょう。

 

衣類も季節外れのものからどんどん梱包していくといいですね。
絵本やおもちゃもさっさと梱包したいところですが、そういう時に限ってあのおもちゃで遊びたいなどというものです。
お子さんのおもちゃはあまり仕舞い込みすぎないようにしておいたほうが、お母さんもお子さんもストレスが少ないです。

 

気をつけないといけないのは、お子さんの体調です。
引越しという環境の変化を敏感に感じ取って熱を出すお子さんも少なくありません。 
引越し作業のどさくさに紛れて保険証が見つからないなどのトラブルも多くあります。

 

貴重品など大事なものは引越し業者にまかせっきりにせず、自分管理にしておいてくださいね。

 

そして引越し当日はお子さんはいない方が安全です。
大きな家具が動きますし、トラックもあります。大人も引越し作業でヘトヘトになので注意散漫です。

 

そんな中で小さなお子さんがチョロチョロしていても、安全を約束できませんので、実家に預ける、友達に数時間みてもらう、一時保育を手配する、ファミリーサポートを利用するなど何とか預け先を探してみましょう。

 

それでも誰にもお子さんをみてもらえない場合は夫婦どちらかが引越し作業、どちらかが保育を担当し、家具の配置を紙にメモしたりダンボールに置き場所を書いたりと効率よい方法を探してみてはいかがでしょう?

 

 

引越しの手順

 

引越し手順

 

引越しは沢山することがあるので、おおまかな流れを把握しておくといいです。
ぜひ一度ご確認ください。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

これだけでも、することがたくさんありますね。

 

引越しといえば引越し業者を決めたいところですが、これはまず新居が決まってからのほうがいいです。
なぜなら新居のエレベーターの有無やトラックを停められる位置などによって、引越し料金が異なるからです。
引越し料金が正確に算出できるのは新居が決まってからなので、複数の会社に見積もりを取って比較するのは新居決定後がおすすめです。

 

次に不用品をどんどん処分しましょう。
新居でゆっくりと分別したい気も分かりますが、いらないものを運ぶにも費用がかかるので勿体ないのです
売ったり、あげたり、捨てたりと処分をするにも時間がかかるので、早めに動いてくださいね。

 

引越しの2週間前になったら、市町村役場に行きましょう。
市外への引越しの場合は転出届を提出します。これを出さないと新居での手続きが進みません。
役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などの設備ですが、これらは引越し日までの費用を日割りで精算してもらうことができます。
精算のやり方は各会社によって異なりますので、まずは電話で連絡を。
もし市内引越しなら同じ日から新居で電気・ガス・水道が使えるようになる手配をしてもらいましょう。

 

ところで郵便物が新居に届かないのは困りますよね。
最寄りに郵便局に行き、転送届を提出すれば1年間は新居に転送してくれますよ。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
しかし貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなど保険でもどうにもならないものは自己責任で運びましょう。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。
紙に書いてどこかに貼っておくといいですね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届です。
引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
これらはのんびりしがちでうっかりと忘れてしまうので、早めに行なってくださいね。

 

 

引越しのオプション

 

ピアノ 引越し オプション

 

引越し料金は、人件費と輸送費とオプション代とで成り立っています。
ではこのオプションにはどんなものがあるのか知っていますか?

 

引越し業者によっても異なりますが、代表的なオプションには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

中でも依頼が多いのがエアコンの取り付け・取り外しです。
エアコンの移設は自分でやろうと思ってもできませんし、電気屋を手配してやってもらうのも面倒なのです。
引越し業者に依頼しておけば、同じくらいの料金で専門の業者が来てやってくれます。

 

さてここにもピアノの運搬がありますね。
ピアノはすべてのお宅にあるわけではないので、オプション扱いとなります。
ピアノを運ぶ専門スタッフがいる引越し業者であれば、引越しの際にきちんと運んで希望なら調律までしてくれます。

 

これらも一括見積もりできますので、ぜひご利用くださいね。

 

 

 

洗濯機の設置が安くできる業者の探し方
神奈川の引っ越し業者の選び方
引っ越しが無料でできる