引越し 挨拶

引越しの挨拶

引越し 挨拶

 

引越しのあいさつは、引越し前か引越し当日に行くのが一般的なのだそうです。
遅くても引越し翌日までには行きましょう。

 

なぜこんなに早く行くのかと言いますと、引越しのときにトラックを停めたり、引越し業者の足音がドタドタとしますから「騒がしくてすみません」という謝罪の意味合いもあるのです。
そのため挨拶に行くのが引越し日でないと誠意が感じにくいのです。

 

そしてもうひとつ、後になるほど挨拶に行くのがとても面倒になるからです。

 

一軒家なら向こう3軒両隣、マンションやアパートなら左右・上下の部屋に挨拶に行きましょう。
初対面ですからできれば、熨斗(のし)に「御挨拶と氏名」を書いた粗品を渡すと名前も憶えてもらいやすいのでオススメです。

 

高級な粗品である必要はありません。
500〜1000円程度のお菓子・お茶・コーヒーなどの食品やタオル・洗剤などの日用品などが人気です。

 

第一印象を良くするためにも挨拶には行ってくださいね。